私たちが
江東区で実現していくこと

私たちが江東区で実現していくこと

1.古い政治ときっぱり決別する

汚職・隠ぺい・不正・違反のない、正直で公正な区政を実現するために、「区民との対話」を区政運営の基本に据え、「自治基本条例」も制定します。
「権力は腐敗する」 区長の任期は3期まで。多選禁止条例をつくります。
区役所内部のコンプライアンスを徹底し、すべてのハラスメントの根絶に力を入れます。

正直で公正な区政運営へ

  • 職員の倫理、コンプライアンス、公益通報等に関する条例制定
  • 証拠・データに基づく政策立案
  • 「区長への手紙」には必ず目を通し、対応を迅速化させる

行政改革

  • 「書かない」「待たせない」「迷わせない」「行かせない」窓口業務改革
  • 事務事業評価の実施
  • 行政評価の充実
  • 公契約条例の制定
  • 入札契約制度改革

職員を大切にする組織づくり

  • ワークライフバランスの推進
  • 職員の増員、非正規職員の待遇改善、女性管理職の増加
  • テレワーク、フレックスタイム制、勤務間インターバル制の導入
  • 専門職や外部人材の積極的活用
  • 区長と職員が面談やランチミーティングなどを行い、定期的に意見交換をする

2.子ども最優先の「子育て先進区」にする

「子どもの権利条例」を策定し、妊娠・出産・子育て・教育に関する予算を増やします。
小中学校の学校給食費は、来年度以降も無償化します。
母子保健の圧倒的な充実を図り、「江東版ネウボラ※」を発展させていきます。
江東区で、さらなる両親学級の充実、産後ケアセンターの誘致&ケアの普及などをめざします。
※妊娠期から就学前にかけての子ども家族を対象とする切れ目のない支援や制度のこと。

「こどもまんなか」の実現に向けて

  • 保育の質ガイドライン策定
  • 小中学校でランチミーティング(子どもの意見を聞く)
  • 乳児院、児童養護施設、ファミリーホームなどを新規 整備
  • スポーツセンターを無償化し たくさん遊べる環境づくり
  • 健康課題(近視・メンタル・やせ・肥満)への対策
  • ゲームや動画のデジタル依存対策の実施
  • 発達段階に応じた包括的性教育の実施
  • 性暴力禁止条例の制定
  • 虐待防止策の推進と虐待により傷ついた心のケアの実施
  • 教職員の徹底した働き方改革
  • 部活動の地域移行の推進(文化系・運動系ともに)
  • ブラック校則の解消
  • いじめ・不登校対策の充実
  • きっずクラブの質の向上
  • 学校指定品をなくす
  • 学用品の区費購入
  • 制服などのリユース促進

子育て支援前向きに明るく子育てできる子育て先進区

  • 子育て分野のDXの推進
  • べビーシッター利用支援事業は小学校3年生まで拡充
  • 保育園2人目育休退園問題の解消
  • 保育園おむつ持ち帰り問題の解消
  • 企業主導型保育園第2子無償化
  • お父さんへの支援も手厚く
  • 児童虐待リスクの高い家庭への支援の強化
  • ひとり親向け養育費確保支援事業の創設

3.がんばるあなたを独りにしない

福祉・介護・医療・健康の充実をはかり、子ども・女性・高齢者・障害者・外国人など、誰もが安心して暮らせる街をつくります。
女性が活躍できる社会に向けて、「ジェンダー平等」と「あらゆる差別禁止」を区の施策の基本にします。
困難な問題を抱える区民への支援に、江東区が本気で取り組みます。(生活困窮、虐待、DV、性暴力、居場所の問題など)

困っている人へ 寄りそう区政へ

  • ケアラー支援:障害、介護、子育てなど家族のケアを担う方への支援を強化
  • 家事・育児・介護など、無償労働の負担の男女間の偏りを是正する取り組みの推進
  • 思春期の子どもが安心して過ごせる居場所づくり
  • ユースクリニックの誘致
  • ひとりになってもひとりぼっちにさせないまちへ
  • おひとりさま政策担当係の創設
  • ひきこもり支援の推進

4.心も身体も社会的にも健康・幸福でいられる地域社会づくり

女性の生涯の健康・幸福支援

  • DV加害者支援プログラムの受講費助成/避難している方への経済的支援/ワンストップ窓口の創設
  • 不妊・不育症への支援
  • 望まない妊娠・中絶を予防する質の高い性教育
  • ジェンダー平等に向けた取り組み強化(男女共同参画計画の推進、担当職員増員&民間登用)

看護師・助産師として、誰もが健康で過ごせるまちへ

  • 健診の受診率向上、質の向上
  • 区立産後ケアセンター設置の検討
  • 医療型レスパイト(家族の休息)施設の確保
  • がん検診の受診率向上
  • 若年がん患者への在宅療養費助成の創設
  • HPVワクチン男性接種費用助成の創設
  • 骨粗しょう症検診の創設

健康づくり・食育

  • 薄味・減塩メニューや野菜摂取量を増やすなど健康に配慮した食事を提供する「健康づくり応援店」登録制度の創設
  • 学校健診、就学時健診にて屈折検査(スポットビジョンスクリーナー)の導入
  • 共食の機会の創出
  • 多世代が集える食堂の開設・運営支援

5.誰でも安心して暮らせる福祉の推進

高齢者

  • 生きがいづくり
  • 認知症対策の推進
  • 介護予防・介護に関する施策の推進
  • 高齢者施設(特別養護老人ホームなど)の増設
  • 多死社会を見据えた施策の推進    
  • 葬儀生前契約支援事業の創設
  • 地域包括ケアシステムの充実

障害者

  • 医療的ケア・発達障害のある子どもと保護者への支援の強化
  • 学校卒業後の居場所・就労支援 
  • 地域で自立して暮らせる支援と施設の整備

6.地域の活力を生み出すまちづくり

まちづくり

  • 快適な暮らしを支えるまちづくり
  • 2030年カーボンハーフに向けた取り組みの強化
  • 地下鉄有楽町線(8号線)延伸に伴う計画的な新たなまちづくりの推進
  • 受動喫煙防止の取り組み強化
  • 市⺠活動団体やNPOへの支援策強化による協働のまちづくりの推進 ・中小企業への支援

防災安全で安心なまちの実現

  • 災害に強い都市の形成
  • 防災DXなど情報発進力の強化
  • 女性や子ども、障害のある方などの視点を取り入れた災害対策
  • 地域防災力の強化
  • 犯罪のないまちづくり

多文化共生

  • 国際交流・多文化共生等の推進
  • 外国人等へのコミュニケーションや生活支援の推進